カテゴリ:金属加工( 5 )   

SUS303切削   

2007年 04月 21日

SUS303切削テスト。
8mmのSUS303磨き棒をフライスで平面をだして、1mmエンドミルで深さ0.2mmで高さ約5mmの文字彫刻。
a0086438_15421372.jpg

うまくできました。快削鋼とのことで私のおもちゃのフライス盤でもなんとか彫刻できるようです。
SUSの加工もなんとかできることがわかりました。
粘りがないぶん、真鍮よりも加工しやすいかもしれません。
[PR]

by ingot2006 | 2007-04-21 15:49 | 金属加工

優勝記念プレート   

2007年 03月 11日

CNC Milled 3作目は優勝記念プレート。
a0086438_23385338.jpg

仲間内のゴルフコンペでは優勝カップなどの用意がありません。
持ち回りの優勝カップを作ってもよいのですが、以外と管理が面倒なものです。と、いうわけで記念メダルというかプレートを作成しました。
第七回目のコンペ、WINNERの文字、開催日等を彫刻してみました。
ロゴはサークルTならぬ、六角形のヘキサゴン "H6"。
5cm x 7cm の大きさで厚さは3mm。
優勝者への記念という形で進呈するつもりです。
a0086438_23533394.jpg

製作は、2mmエンドミルで外形と革ヒモ部分用の穴までを切り出し。
その後にセットし直して、1mmエンドミルで一本彫り。
文字部分はCADで1文字づつのアルファベットを線で書き込んで彫刻した完全な線文字切削を初めての試み。
ちょっとSCOTTY CAMERONのSTUDIO STAINLESS PUTTER風のフォントを目指してみました(笑)。
線文字のメリットは切削時間が大幅に短いこと。
シンプルでスマートな印象です。
ただし漢字ひらがなの製作はたいへんかも(汗)

過去の2作はPCフォントから起こしていましたので、厳密には袋文字でした。
つまりはオフセット&ハッチングでフォント形状どおりに削るパターン。
これは面を切削しますので線文字の何倍も時間がかかります。

とにもかくにも文字切削で2通りの方法をようやくできるようになってきました。
趣味の世界では線文字フォントを配布しているようなところはなかなかありませんね。
[PR]

by ingot2006 | 2007-03-11 23:59 | 金属加工

ボールマーカー   

2007年 01月 13日

CNC Milledの2作目はボールマーカー。
キャメロンのボールマーカをまねてゴルフ仲間向けに配るために3枚ほど作成。
2mmの真鍮板から切り出して、R0.5のボールエンドミルで彫刻。
大きさはほぼ500円玉と同じ直径27mm。
作ってみると以外と良い出来になりました。裏面には個人の名前も入れています。
a0086438_11302035.jpg



写真のものはミラー仕上げですが、同心円状のヘアライン仕上げ梨地仕上げなどいくつか表面仕上げも楽しめそうです。
いろんなデザインで作れそう。
[PR]

by ingot2006 | 2007-01-13 11:35 | 金属加工

ネームプレート   

2006年 10月 25日

おもちゃのフライス盤を入手して、NC化を行いなんとか動くところまで辿り着くのに約1年。
紆余曲折を経ていよいよ待望の金属加工が始まりました。
処女作品はネームプレート。ゴルフのキャディバックに一つは下げている名札ですね。
a0086438_224773.jpg

これは仲間内のゴルフ仲間で作ろうということになって製作したもの。


製作したのは合計15枚。
いきなりの大仕事で大変でしたが、良い勉強にもなりました。
a0086438_22484795.jpg

直径は7cm。2mm厚の真鍮板から切り出しと彫刻を1mmのエンドミルで一度に行っています。
裏面はR1のボールエンドミルで名前を彫刻しています。
[PR]

by ingot2006 | 2006-10-25 22:48 | 金属加工

金属光沢に魅せられて   

2006年 09月 17日

金属内部の自由電子と外部から入射した光子とが相互作用して発生する”金属光沢”
その金属の光沢に魅せられた私が書き連ねる金属光沢ブログです。
もちろん不定期です(笑)a0086438_2127306.jpg
[PR]

by ingot2006 | 2006-09-17 21:28 | 金属加工